運命の約束③

前回の記事
運命の約束①
運命の約束②

 

 

運命の約束③ 『幸せを選択する』

「波動を高める」

常に宇宙から最善の導きを得るのにとても重要なことは、高い位置まで波動を高めるということ。

例えばラジオで、聞きたい番組の周波数を合わせればその番組を聞くことができるように。

どうしたらそれができるのか?

①「今、私は恐れを感じている」「今、私は不安を感じている」と気が付くこと、そしてそう感じている時には、行動せず止まってみる。

恐れや心配のエネルギーを取り除くための行動をなんでもいいのでしてみる。
例えば、気分の上がる本を読んだり、お昼寝をしたり、ビデオを見たり、音楽を聴いたり。

②「あなたは大丈夫よ」「あなたなら出来るわ」「宇宙は豊かさで満ちているよ」「みんな助けになってくれるよ」「あなたにぴったりな場所があるわ」
といった宇宙からの声に周波数を合わせる。

信頼からくる声を信頼する。そして、恐れからくる声を疑う。
ありたい自分であることで、思うよりもよっぽど早いスピードで運命にたどり着くことができる。

「今この瞬間を生きる」

運命にたどり着く最短の道は、今この瞬間を生きることである。

「今この瞬間」は10年前とも、5年前とも、そしてたった10分前とも違うのだから、過去の出来事を引きずって未来を思い描くのは間違っている。

マインドを「過去」や「未来」に置くのではなく、今この瞬間と今この瞬間のパワーにフォーカスすれば、それはきっと本来の運命が持つパワーへと導いてくれる。

 

 

『運命の波に乗る』

「人生で起きることは、生まれる前から決まっている」

人生で経験する事は偶然に起こったのではなく、何か特定のテーマや自分が学びたい事のために、生まれる前から選ばれている。

自分に困難をもたらす人や自分を批判する人が必ず必要なタイミングでやってきて、わたしたちがより高次の次元を生きることを後押しする。

彼らは、わたしたちのの偉大な能力をさらに拡大させ潜在能力を開花させる、「魂の契約」に関わってくれる人たちなので、逃げるのではなく、ギフトとして受け取り、むしろ感謝すべき。

「すべての願いは、すでに叶っている」

私たちは現実を3つの次元(過去、現在、未来)から見ているが、本当のところ、この宇宙には無数の平行現実が存在している。(パラレルワールド)

つまり多くのことが同時進行的に様々な世界で起こっていて、欲しいと望むものはなんでも、ある次元ではすでに叶えられているということである。

「欠乏」や「比較」や「足りない」と言う視点から世界を見ることをやめ、理想が叶った時のマインドを今に投影することができれば、それを現実として身体的に経験することもできるようになる。

今いる場所で先に”感情”を経験すると、その感情の元になる事象が引き寄せられる。(逆転の法則)

例えば、
「愛を感じる」という経験 ⇨ 「パートナーを得る」という事象を引き寄せる
「豊かさを感じる」という経験 ⇨ 「お金を得る」という事象を引き寄せる
「成功を感じる」という経験 ⇨ 「仕事で認められる」という事象を引き寄せる

「マニフェステーション(潜在しているものが顕現すること)」を加速させるエクササイズ

毎日数分間、静かに心を落ち着けて椅子に座り、目を閉じ、2つのことをイメージする。
1つはパートナーや仕事や、家など”望むもの”
2つめは、それらが手に入った時の”感情”

それらがすでに叶ったものとしてイメージすることで、そのマニフェステーションをより加速させ、強力なものとすることができる。

「次元上昇のポイントを経験する」

全ての人は人生におけるなんらかのタイミングで、「次元上昇」を経験することになる。それを覚醒や、閃きと呼ぶかも知れない。

私たちはいつも高い次元に生きているわけではないので、時々、ちらりと見え隠れするだけだが、より高い次元へと経験を積んでいけばいくほど、頻繁に起こるものへとなっていく。

具体的にどうすればいいのか

1日のうちでできる限り、リラックスして次元上昇の状態を受け取りやすい状態でいることが大切。

宇宙は隠された秘密ではなく、いつでもそこにあって、誰でも利用することができる。

宇宙にアクセスして情報を取ってくることは、偉大なスピリチュアルティーチャーのみの専売特許ではない。

私たちは私たちの想像を遥かに超えた、もっと大きな宇宙の中で生きることができるのである。

 

 

運命の約束④へ〜

投稿者プロフィール

Unimaru
Unimaru
ウニマル/
53歳女性/
東京都目黒区生まれ世田谷区在住/
日々思うことや近所の好きな場所について綴っています

詳しくはこちら