運命の約束②

前回の記事
運命の約束①

 

 

運命の約束② 『居場所を探す』

「魂的に成長し、マスターし卒業する」

もし今の環境が暴力的で、批判的で、重圧的で、痛みを伴うものだとしても、それは「自分」と「自分の意識」の反映するものである。

同じようなことが人生で繰り返されてしまう場合、これは「辛い状況にいなさい、苦しみなさい」と言うことではなく、意識が変わっていないだけで、自身の進化や意識の覚醒のためにとても素晴らしい学びの場なんだ、と受け入れよう。

もしも受け入れず、そこから逃げたとしたら、それは単なる平行面(2元的な)移動でしかなく、繰り返されてしまうだろう。

もしも受け入れ、それを学びの糧とすることができたなら、それは垂直的(3元的)な成長となり、マスターして卒業できるだろう。

自分がが今いるのがどんな環境でも、宇宙の愛を選択できるようになるためのもので、喜びや癒しやポジティブな存在を拡大させることに役立つ。

これがこの世に生まれた意味であり、これこそが成し遂げるべきこと。

「『喜び』の持つ大切さとパワー」

 

・「喜び」は宇宙からのサイン
「生き生きしているな」と感じたり、パワーがみなぎっていると感じたり、クリエイティブな創造性を感じたり、幸せを感じたり、それらは宇宙が「あなたは正しい道にいるよ」と教えてくれていること。

落ち込んだり、惨めに感じたり、孤独を感じたり、怒りを感じたり、犠牲になっていると感じる時には、それらは「あなたは運命の道から外れているよ」と教えてくれていること。

つまり運命の道を歩みたければ、愛やクリエイティビティーや生き生きとした感覚に従う必要がある。

 

・「喜び」を見つけるためにはどうすれば良いか
今どうしたいか、今なにを食べたいか、などの”今この瞬間”の小さな喜びを常に見つけることが喜びの筋肉を鍛え、強く活性化した状態に保つ。

日本人はこれが苦手。なぜなら、日本人はいつでも他人や社会や家族がどう思うかを考えるようにトレーニングされてきてしまっているから。

喜びを見つけることが習慣になると、例えば何か大きな決断をしなければいけない時に直感や神聖なる導きの声を聞けるようになる。

 

・ベストなポジションに導かれるとは
それはまるで、川下りのようなもの。
川の流れに逆らって逆流しようとしたり、川のほとりに座って川を眺めていることをせず、宇宙が導く場所へ流れて行くだけでいい。

その流れに乗れば、自らが望む場所へと導いてくれる。

それこそがスターウォーズでいうところの「フォース」。

「セルフリレーションシップ」

起こることの全ては内面の完璧な反映である。

今いる環境というのは、鏡のようなもの。今こそ、意識を選びたい方向に向ける時。

人間関係や、仕事や、お金や、健康…私たちの周りの状況は、自分がどんなゾーンを生きるかを自分で選択している。

その環境は起こっているわけではなくて、自分でその環境を引き起こしている。

他人は誰も強制していない、どんな事も自分で選んだ事。

迷ったら、選択の場面に戻って、愛や喜びや心の声に従った選択をするようにする。

人生は難しいものではなく、ただ単に「自分を大切にする、自分を愛する、自分に優しくする」というとてもシンプルなルールに従えばいいだけ。

自分の器をキラキラで満たす

 

 

運命の約束③へ

投稿者プロフィール

Unimaru
Unimaru
ウニマル/
52歳女性/
東京都目黒区生まれ世田谷区在住/
日々思うことや近所の好きな場所について綴っています

詳しくはこちら