すごく悲しいこととすごくうれしいこと

こんにちは、ウニマルです。

窓を開けるとセミの声に混じって秋の虫の声がきこえてくるようになりましたね。

 

 

 

すごく悲しい知らせをうけました。

 

実はもう16年も一緒にくらしているパートナーがいるのですが、彼が実家に戻るため出ていくことになったんです。

 

このことは、いずれは・・・って決まっていた事で、惰性で16年も経っちゃったかんじなんですけどね。

 

 

お互いバツイチなんですが、結婚はしない、経済的にも寄りかかり合わないっていうのはずっと一貫していて、今住んでいる家はわたしが購入したものなので、彼がわたしに家賃を払ってくれていて助かっていました。

 

 

最近は会話も少なくなり、一緒にでかけたりすることもなくなってはいたんですけれど。

 

それでも好きでずっと一緒にいたんだもの・・・

泣きましたねー。しばらくは泣き続けるんだろうなあ。

 

 

 

でもね、

同時にひとりぼっちになった自分を想像してみたら・・・

なんと・・・

 

 

 

でてくるでてくるわ、やりたいビジネスのアイデアが洪水のように!!

 

 

それはとてもうれしいこと。

自分ビジネスしたくて、でもなにをどうやったらいいのか検討もつかなくて。

いろいろやってみるもこの1年ムダに過ごしてきてきたようで落ち込んでたんですもん。

急にバラバラだった伏線がひとつの束になって輪郭が見えてきた!

手放すと入ってくるとはこのことか?

 

わたし

 

今年秋から「自分ビジネス」スタートします!
\\\\ ٩( ‘ω’ )و ////

 

もう宣言しちゃいます。予祝です。

 

 

 

そんなわけでここのところ毎日泣き笑いデスヨもう〜°( ´:ω:` )°。

 

でもでも、彼とは別居しちゃってもずっと大好きな友達でいたいから。

 

ひとりでもがんばるます〜!°( ´:ω:` )°。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

Unimaru
Unimaru
ウニマル/
53歳女性/
東京都目黒区生まれ世田谷区在住/
日々思うことや近所の好きな場所について綴っています

詳しくはこちら